【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】

【自死(自殺)遺族からの手紙】酒癖が悪く、大嫌いだった父の自死

自死遺族からのメッセージ

自死(自殺)は自殺者数の何倍もの自死遺族を生む。

自分自身は死んでしまえばそれで終わりかも知れないが、残された自死遺族の苦しみは、時間が解決してくれることはない。

死ぬまで続くことになるのだ。

25年前の3月初旬の日、年子の兄は中学校の卒業、高校受験を控え慌ただしかった時期でした。

私は、反抗期の最中で父とは話す事は少なく、心の中では大嫌いでした。父は毎日、お酒を飲み機嫌が悪くなると手が付けられなくなり、母が苦労しているのを見ているからです。

他界する半年前、父は目が見えなくなり、病気になり入院することになりました。

そんな父を看病するため、母は毎日1時間かけ病院に通いました。

しかし病状は悪化。ついに手術が必要になったのです。

ところがその1週間後、父は怒り退院してきたのです。なんと手術をしても治らないと言われ、憤慨して勝手に退院してきたのです。

そんな父が自宅にいる様になり、私は嫌気がさしていました。

母は何も言わず、父の食べた食事を記録し、父の体調管理を毎日きちんとしていました。

兄は受験を1週間前に控えた夜、父はいつもの様にリビングで呆然としていました。今思えば、父なりに思い悩み、苦しんでいたのかと思います。

夜9時位に窓の隙間から子供の部屋を覗く父を見たのが最後の姿でした。

いつも、そんな事をしない父が夜中にいなくなりました。祖父、祖母、母、兄、親戚のおじさん・おばさん、皆で探し歩いた事を今でも鮮明に覚えています。

3時間ほど探し、自宅の敷地の外の路地に倒れている父を発見しました。

真っ青な顔の父。すぐに病院へ行きました。

私は初めて亡くなった人の顔を見ました。43歳。眠っているような父は、少しも苦しんでいる様子はなく、安心している様な顔でした。

それからの告別式までの記憶は有りません。悲しかったのか、分かりませんでした。

告別式で母が泣き崩れ、おばさんが抱えた事を覚えています。

告別式が終わり、兄が中学校に卒業証書を受け取りに行きました。先生方が皆で体育館で兄の為だけに、待っていてくれたのです。

兄は、次の日が受験でした。

それから、月日が流れ25年。私も大人になり結婚をし、子供2人に恵まれ幸せな生活を送っています。

自死は遺伝してしまう。頭のどこかで、不安は毎日あります。

でも、今の親になった自分なら思います。不器用に25年生きてきました。人には相談出来ないと思い、誰にも相談することなく。

自然と作り笑顔をし、暗い、いじめられてたに違いないと陰口された事も記憶にあります。だって、人に言えない様な、壮絶人生を生きてますから。暗い顔にだってなっているだろうし、悲しい顔もしているだろうと。

私の生きてきた人生や経験は、人に言える事ではなかったけど、皆が経験出来ない事を経験し、そこから気付けたこともあります。

私は強い。私は人の痛みが分かる。誰よりも優しい人間だ。って。

私は父の子に生まれて本当に幸せです。強く人生生きられます。

私が死んで天国に行けたら、笑って父とお酒飲みたいです。

強い方ですね。

でも時に自分の弱さを認め、誰かに甘えることも必要かもしれませんね。

この世は何かと生きづらいもの。

時には糸を緩めることで、張りつめたものが切れないようにすることもお忘れなく。

遺された自死遺族の慟哭

自分の命をどうしようが自由。

そんなことを言う人達がいる。

しかし、後には遺される人がいる。

あなたは死んで、逃げてしまえば一番楽かも知れない。

でも、その死を背負って死よりも苦しい地獄を、何十年も生きていかなければならない人がいるかも知れない。

その事実は絶対に無視してはいけない!

貴方の体験談を募集しています

苦しい胸の内を誰かに聞いてもらいたい。表に出すことで少しでも楽になれるのなら・・・

『あなただけじゃないのよ』同じ苦しみを持っている人に、そんな声をかけてあげたい。少しでも楽にさせてあげられるなら・・・

そんな貴方の【声】をお聞かせください。

貴方の声をお聞かせください

どんな些細なことでも構いません。お気軽に【貴方の想い】をお寄せくださいませ。※お名前入力欄はニックネームで結構です。※ブログにて紹介させていただく可能性があります。掲載不可の場合は必ずその旨ご表記ください(秘密厳守)[…]

【各種お問い合わせ】何でもOK!質問/疑問/体験談/相談/雑談/ご意見...

あわせて読みたい‼

おすすめ記事

地方に住む母親は優しくて、私たち子供をとても愛してくれていました。彼女が縊死(首つり自殺)で亡くなったことは、いまだに慚愧(心から恥ずかしい)の念にたえません。最近は、人間一人ひとりの生き方は全て自分でシナリオを決めて生きるというこ[…]

【自死(自殺)遺族からの手紙】自らの手で死を選んだ母は成仏できたのだろうか...

葬儀屋ブログ
葬儀社のご案内

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG