【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】
MONTH

2015年3月

  • 2015年3月31日

【住職の言葉】『息抜く力』=『生き抜く力』~ストレスの多い世の中へ~

何かと生きづらい世の中だ。 とあるご住職が教えてくれた言葉は、そんな時代だからこそ大切にしたい言葉。 『息抜く力』は『生き抜く力』 それでなくてもストレスの多い社会。 生き抜く為には、敢えて息を抜き、自然の声に耳を傾けたり、のんびりと時の流れに身を任せてみるのもいいのではないだろうか? 思いもよらな […]

  • 2015年3月26日

【危険ドラッグ事件数が急増】池袋脱法ハーブ暴走事件現場を歩く

危険ドラッグ白書 警察が去年1年間(2014年)の危険ドラッグに関するデータを発表した。 摘発事件 706件(前年比5.6倍) 摘発人数 840人(前年比4.8倍) 死者 112人(前年比12倍) 使用者の平均年齢は、覚せい剤の41.7歳よりもかなり低い33.4歳。 蔓延を食い止めるべく、【脱法ハー […]

  • 2015年3月24日

【フランス人は皮肉好き?】シャルリーに見る『風刺』と『表現の自由』

風刺と表現の自由について考える。 3月18日、フランス「シャルリー・エブド社」発売の風刺週刊誌に、福島第1原発の事件を揶揄する風刺画が掲載された。 煙を上げる原発施設をバックに、防護服を着た作業員が、放射能で巨大化した鳥の足跡を見ながら「今年最初のツバメ」と話す。 フランスのシャルリーと言えば、イス […]

  • 2015年3月23日

【CMに見る女性差別/女性軽視】「ダッダーン!ボヨヨン、ボヨヨン」VS「ルミネ」

CM文化と女性差別 CMにおける人種差別や女性差別問題。 ルミネのCMが女性差別だと話題となっている。 まずはこちらのCMから。 滋養強壮にピップのダダン 『ダ・ダーン! ボヨヨン、ボヨヨン、ダ・ダーン!』 たくましい外国人女性が雄叫びをあげながら、自らの胸を豪快に揺する。 1990年代前半に放送さ […]

  • 2015年3月22日

【春分/秋分の日】『昼の長さと夜の長さは同じ』はウソ!?ホント!?

サルでも分かる春分の日/秋分の日の真実 春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが同じ。 子供の頃当たり前のように教えられた常識は、実はウソらしい・・・ と聞いたら、驚きませんか!? 残念ながら?これホントの話です。 分かりやすく解説していきましょう。 『春分の日』は昼が長い理由 太陽が真東から登って真西 […]

  • 2015年3月13日

麻薬取締官(×捜査官)と警察の違いは?麻薬・危険ドラッグは許さない!

麻薬や危険ドラッグの広まりが留まるところを知らない。     こうした薬物と日々闘っているのが麻薬取締官、通称麻薬Gメン。 (※「麻薬捜査官」ではなく、「麻薬取締官」が正解)   警察庁に属する警察官(地方公務員)と思われがちだが、実は厚生労働省に属する国家公務員だ。 彼らは厚労省傘下の地方厚生局( […]

  • 2015年3月4日

【上村遼太さん殺害】少年法の刑事訴訟(事件)と改正の最重要ポイント

ネット社会の恐怖と変わりゆく少年法 川崎市で上村遼太さんが暴行を受け殺害された事件。 27日に18歳の少年が逮捕され、その後17歳の少年2人も逮捕された。 晒される犯人像 少年が逮捕されたのが27日の朝。驚くべきことにその日の夕方には、ネット民によって名前・住所・電話番号・職業・父親の名前・職業など […]

  • 2015年3月3日

「残り物には福がある」は本当か?理論的に検証してみる

「残り物には福がある」(一番最後に残った物が一番良い物だ) 誰もが知っているこの慣用句。   ①残り物をあてがわれた人間を慰める。 ②人を押しのけ、人と争うことを避ける遠慮深い人間にこそ、幸運が訪れるものだ。 そいした事柄を伝えたい時に使われる。   然しながら火の無いところに煙は立たず。 過去にこ […]

  • 2015年3月1日

【イスラム教では何故ダメなの?】焼却される楽器/たばこ/酒

イスラム国に燃やされる楽器。 これは即ち、イスラムでは楽器を使った音楽が禁止されているということなのだろう? イスラム教の聖典『クルアーン(コーラン)』では、楽器が明確に禁止とされている箇所は見当たらない。 しかし、イスラム教徒が大切にしているのは『クルアーン』だけではない。預言者ムハンマドが語った […]

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG