【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】

【オリンピックエンブレム】《五輪ロゴ》歴代ダサい!?イケてない!?シンボルマークランキング

歴代かっこ悪い!五輪公式ロゴランキング

コロナウイルスの影響で延期となった2020年東京オリンピック。

競技場のデザイン問題にエンブレム(ロゴ)デザイン問題と、いろいろあったのに、最後は開催まで延期されたことは記憶に新しい。

特にエンブレムの盗作疑惑は酷かった・・・

すったもんだした挙句、市松模様に落ち着いたようですが、個人的には中途半端なデザインになるくらいなら、シンプルな市松模様で落ち着いたことは好意的に受け止めている。

しかし、五輪の歴代エンブレムを見ると、結構ひどいデザインのものが多いんですよね・・・

その国のトップクラスのデザイナーがデザインしているはずな、そのデザイン力大丈夫!?

※素人の個人的な見解ですので、さらっと読み流してください。

夏季オリンピック

★ローマオリンピック(1960年)★

ローマオリンピック

マクマルクス???

「MCMLX」とは、ローマ数字で1960年のことらしいです。

わかりづれーし・・・

それにしても全体的に絵面が怖ぇーよ。

平和の祭典なんですから、もっと穏やかにいきましょうよ。


★ソウルオリンピック(1988年)★

開催都市韓国・ソウル
参加国・地域数159
参加人数8,465人
競技種目数23競技237種目

1988年ソウルオリンピック

個人的にどうしても巨大な「オウムガイ」か「アンモナイト」にしか見えない・・・


★ロンドンオリンピック(2012年)★

開催都市イギリス・ロンドン
参加国・地域数204
参加人数10,931人
競技種目数26競技302種目

ロンドンオリンピック

エヴァンゲリオンあたりに出てきそうな、ちょい悪ロボット風フォルムのエンブレム。本国を中心に大批判を浴びたことは、記憶に新しい。


★モントリオールオリンピック(1976年)★

開催都市カナダ・モントリオール
参加国・地域数92
参加人数6,028人
競技種目数21競技195種目

モントリオールオリンピック

ザ・シンプル!

メリケンサックみたいですね。


★ベルリンオリンピック(1936年)★

ベルリンオリンピック

え!?ベルマーク!?

ベルマークがいつからあるのかは知らんけどね・・・


★メキシコシティオリンピック(1968年)★

メキシコシティオリンピック

「狂気」すら感じるメキシコ五輪のエンブレム。

小学生が退屈な授業時間をフルに使って作った、迷路の大作みたいなエンブレムは、見ているだけで目が回りそう。

そういえば昔ジャポニカ学習帳の裏に、こんなのが書いてあったような。。。


冬季オリンピック

★バンクーバーオリンピック(2010年)★

バンクーバーオリンピック

オリンピックぽいっちゃあ、ぽいんですが・・・

個人的にどうしても「天空の城ラピュタ」に出てくる、ロボット兵に見えてしまうんですよね・・・

「バルス!!!」


★レークプラシッドオリンピック(1980年)★

1980年レークプラシッドオリンピック

ん?

どうした?

どうした?

天下のアメリカ様のデザインとは思えないほど、洗練さに欠けるような。。。

やっちまった感半端無い!?


★平昌オリンピック(2018年)★

2018年平昌オリンピック

素材は色のついたマッチ棒かドミノ?

Pyeong Chang2018の文字と五輪マークが無かったら、幼稚園児の絵の様だと、どこぞのデザイナー様が酷評していましたが・・・

賛成!


★インスブルックオリンピック(1976年)★

1976年インスブルックオリンピック

(1976年)

1964年インスブルックオリンピック

(1964年)

これは酷い!

何が酷いって、これ1964年のインスブルックオリンピックのロゴの焼き直しやん!しかもレベルダウンした焼き直しとは・・・

いくらデンバー(アメリカ)での開催が住民の反対により中止になって、急遽開催となったとはいえ、もうちょっと何かかったやろに・・・

どうせ焼き直すなら、せめて前回よりレベルアップしたモノを出してほしいよね。


※見解はあくまでも個人的な意見です。

【五輪公式ロゴ】オリンピックで前大会と同じエンブレムが使われた大会

多くの国にとって、オリンピックを誘致するのは至難の業だが、世界を代表する大国の場合、複数回にわたりオリンピックが開催される例は珍しくない。

東京もそのそのひとつ。

そんな中、五輪公式エンブレムについては、佐野氏考案の2020年東京オリンピックのエンブレム(ロゴ)が、正式に白紙撤回になっり、再度選考が行われた。

こうした事態を受けて、椎名林檎さんややくみつるさんを中心に、故・亀倉雄策さんがデザインした1964年の東京五輪公式エンブレムの再登場に、期待する声があがっていた。

東京オリンピック

「明快で荘厳。あれを超えるデザインはない。2度目の五輪開催都市として、先人への尊崇の念を持ち、理念を継承していくことが大切」

やくみつる (朝日新聞電子版)

 「斯くなる上は、亀倉雄策氏による1964年ロゴを再利用するのはいけないのでしょうか。年号は変更が必要ですけれど。『東京・二度目の余裕』を見せていただきたい、などと思ってしまいます」

椎名林檎 (公式ツイッター)

確かにかっこいい。

流石に若干の古臭さは否めないが、シンプルな中にも力強さがあり、昇りゆく太陽の如く経済成長を続ける日本のたくましさを、微妙な色のグラデーションだけで表現した秀逸さは、今見ても純粋にかっこいいと思える。

夏季五輪大会の複数開催都市

では、過去に同じエンブレムを使用した開催都市はあったのだろうか?

近代オリンピックが開催されるようになってから、同一都市で夏季・冬季オリンピックが開催されたのは7都市。

アテネ

  • 第1回(1896年)
  • 第28回(2004)

ロンドン

  • 第4回(1908年)
  • 第14回(1948年)
  • 第30回(2012年)

ロサンゼルス

  • 第10回(1932年)
  • 第23回(1984年)

パリ

  • 第2回(1900年)
  • 第8回(1924年)

サンモリッツ

  • 第2回(1928年)
  • 第5回(1948年)

レークプラシッド

  • 第3回(1932年)
  • 第13回(1980年)

インスブルック

  • 第9回(1964年)
  • 第12回(1976年)

過去の実績

当然と言えば当然だが、どの大会も同じエンブレムを使用した前例は無い。また、招致用のエンブレムを、その後公式エンブレムへと昇格させた前例も無い。

だが過去に一度だけ、同じようなロゴを使ったオリンピックがある。

それがインスブルックだ。


1964年インスブルックオリンピック

第9回(1964年)冬季オリンピック公式エンブレム

1976年インスブルックオリンピック

第12回(1976年)冬季オリンピック公式エンブレム


実は1976年の冬季オリンピックは、アメリカのデンバーで開催されることが決まっていた。

しかし、環境破壊を憂慮した住民が反対運動を展開。

結果、開催資格返上となり、1973年2月に急遽物理的に開催可能な状況などを考慮して、インスブルックに変更となった経緯がある。

その為、公式エンブレムをいちから作る余裕が無かったのだろう。

五輪の色を黒に統一する、字のフォントを変える等の小幅な変更で対応したものと思われる。

あわせて読みたい‼

関連記事

夏季オリンピック開催地概要1896年アテネから始まった近代オリンピック。歴代の夏季オリンピック概要と、エンブレム(ロゴ)のまとめ。第1回夏季五輪(1896年)★アテネオリンピック★開[…]

【夏季五輪の歴史】歴代夏季オリンピック大会まとめ(概要/開催地/参加国/公式エンブレム/ロゴマーク)
関連記事

オリンピックの度に注目を集めるメインスタジアム。開会式や閉会式はもちろん、花形の陸上トラック競技が行われるなど、大会を通じでメディアへの露出も多いだけに、そのデザインと出来栄えには国の威信がかかる。夏季オリンピックのメイン[…]

【夏季五輪の歴史】《歴代夏季オリンピック》メインスタジアムまとめ(名称/収容人数/外観写真/建設総工費用)
関連記事

オリンピックの歴史1924年シャモニー・モンブランから始まった近代オリンピック。歴代の夏季オリンピック概要と、エンブレム(ロゴ)のまとめ。第1回冬季五輪(1924年)★シャモニー・モンブランオリンピ[…]

【冬季五輪の歴史】歴代冬季オリンピック大会まとめ(概要/開催地/参加国/公式エンブレム/ロゴマーク)
関連記事

オリンピックの歴史冬期オリンピックのメインスタジアム。スキー場やスケートリンクに少し手を加えてメイン会場とされることも多く、夏季オリンピックに比べると特徴的なデザインが無い大会も珍しくないが、中には夏季五輪顔負けのスタジア[…]

【冬季五輪の歴史】《歴代冬季オリンピック》メインスタジアムまとめ(名称/収容人数/外観写真/建設総工費用)

葬儀屋ブログ
葬儀社のご案内

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG