【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】

【夏季五輪の歴史】《歴代夏季オリンピック》メインスタジアムまとめ(名称/収容人数/外観写真/建設総工費用)~新国立競技場との比較

オリンピックの度に注目を集めるメインスタジアム。

開会式や閉会式はもちろん、花形の陸上トラック競技が行われるなど、大会を通じでメディアへの露出も多いだけに、そのデザインと出来栄えには国の威信がかかる。

夏季オリンピックのメイン会場をまとめてみた。

第1回夏季五輪(1896年)

★アテネオリンピック★

開催都市ギリシャ王国・アテネ
スタジアムパナシナイコスタジアム
収容人数80,000人
建設費 

パナシナイコスタジアム

パナシナイコスタジアム


第2回夏季五輪(1900年)

★パリオリンピック★

開催都市フランス・パリ
スタジアムヴェロドローム・ド・ヴァンセンヌ
収容人数50,000人
建設費 

ヴェロドローム・ド・ヴァンセンヌ


第3回夏季五輪(1904年)

★セントルイスオリンピック★

開催都市アメリカ・セントルイス
スタジアムフランシス・フィールド
収容人数19,000人
建設費

フランシス・フィールド


第4回夏季五輪(1908)

★ロンドンオリンピック★

開催都市イギリス・ロンドン
スタジアムホワイトシティ・スタジアム
収容人数68,000人
建設費 

ホワイトシティ・スタジアム


第5回夏季五輪(1912年)

★ストックホルムオリンピック★

開催都市スウェーデン・ストックホルム
スタジアムストックホルム・スタディオン
収容人数20,000人
建設費約125万クローナ

ストックホルム・スタディオン


第7回夏季五輪(1920年)

★アントワープオリンピック★

開催都市ベルギー・アントワープ
スタジアムオリンピスフ・スタディオン (アントウェルペン)
収容人数12.771人
建設費 

オリンピスフ・スタディオン (アントウェルペン)


第8回夏季五輪(1924年)

★パリオリンピック★

開催都市フランス・パリ
スタジアムスタッド・オランピック・ドゥ・コロンブ
収容人数45,000人
建設費 

スタッド・オランピック・ドゥ・コロンブ


第9回夏季五輪(1928年)

★アムステムダムオリンピック★

開催都市オランダ・アムステルダム
スタジアムアムステルダム・オリンピスフ・スタディオン
収容人数31,600人
建設費 

アムステルダム・オリンピスフ・スタディオン


第10回夏季五輪(1932年)

★ロサンゼルスオリンピック★

開催都市アメリカ・ロサンゼルス
スタジアムロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
収容人数101,574人
建設費95万4873ドル

ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム


第11回夏季五輪(1936年)

★ベルリンオリンピック★

開催都市ドイツ国・ベルリン
スタジアムベルリン・オリンピアシュタディオン
収容人数110,000人
建設費4,200万ライヒスマルク

ベルリン・オリンピアシュタディオン


第14回夏季五輪(1948年)

★ロンドンオリンピック★

開催都市イギリス・ロンドン
スタジアムウェンブリー・スタジアム
収容人数82,000人
建設費£750,000ポンド

ウェンブリー・スタジアム


第15回夏季五輪(1952年)

★ヘルシンンキオリンピック★

開催都市フィンランド・ヘルシンキ
スタジアムヘルシンキ・オリンピックスタジアム
収容人数70,000人
建設費 

ヘルシンキ・オリンピックスタジアム


第16回夏季五輪(1956年)

★メルボルンオリンピック★

開催都市オーストラリア・メルボルン
スタジアムメルボルン・クリケット・グラウンド・アリーナ
収容人数100,000人
建設費 

メルボルン・クリケット・グラウンド・アリーナ


第17回夏季五輪(1960年)

★ローマオリンピック★

開催都市イタリア・ローマ
スタジアムスタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ
収容人数70,634
建設費

スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ

スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ


第18回夏季五輪(1964年)

★東京オリンピック★

開催都市日本・東京
スタジアム国立霞ヶ丘陸上競技場
収容人数71,556人
建設費 

国立霞ヶ丘陸上競技場

国立霞ヶ丘陸上競技場


第19回夏季五輪(1968年)

★メキシコシティオリンピック★

開催都市エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオ
スタジアム222
収容人数83,700人
建設費

エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオ


第20回夏季五輪(1972年)

★ミュンヘンオリンピック★

開催都市西ドイツ・ミュンヘン
スタジアムミュンヘン・オリンピアシュタディオン
収容人数80,000人
建設費1億3,700万マルク

ミュンヘン・オリンピアシュタディオン

ミュンヘン・オリンピアシュタディオン

ミュンヘン・オリンピアシュタディオン


第21回夏季五輪(1976年)

★モントリオールオリンピック

開催都市カナダ・モントリオール
スタジアムオリンピック・スタジアム
収容人数40,000人
建設費7億7,000万カナダドル

オリンピック・スタジアム

オリンピック・スタジアム

オリンピック・スタジアム


第22回夏季五輪(1980年)

★モスクワオリンピック★

開催都市ソビエト連邦・モスクワ
スタジアムルジニキ・スタジアム
収容人数103,000人
建設費 

ルジニキ・スタジアム

ルジニキ・スタジアム

ルジニキ・スタジアム


第23回夏季五輪(1984年)

★ロサンゼルスオリンピック

開催都市アメリカ・ロサンゼルス
スタジアムロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
収容人数101,574人
建設費95万4873ドル

ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム

ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム


第24回夏季五輪(1988年)

★ソウルオリンピック

開催都市韓国・ソウル
スタジアムソウルオリンピック主競技場
収容人数100,000人
建設費1,025億ウォン

ソウルオリンピック主競技場

ソウルオリンピック主競技場


第25回夏季五輪(1992年)

★バルセロナオリンピック★

開催都市スペイン・バルセロナ
スタジアムエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス
収容人数60,000人
建設費 

エスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス

エスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニス


第26回夏季五輪(1996年)

★アトランタオリンピック★

開催都市アメリカ・アトランタ
スタジアムセンテニアル・オリンピックスタジアム
収容人数85,000人
建設費2億700万ドル

センテニアル・オリンピックスタジアム

センテニアル・オリンピックスタジアム


第27回夏季五輪(2000年)

★シドニーオリンピック★

開催都市オーストラリア・シドニー
スタジアムスタジアム・オーストラリア
収容人数114,714人
建設費6億9,000万豪ドル(680億円)

スタジアム・オーストラリア

スタジアム・オーストラリア


第28回夏季五輪(2004年)

★アテネオリンピック★

開催都市ギリシャ・アテネ
スタジアムオリンピアコ・スタディオ
収容人数71,030人
建設費2.65億ユーロ(357億円)

アテネ・オリンピックスタジアム

アテネ・オリンピックスタジアム

アテネ・オリンピックスタジアム


第29回夏季五輪(2008年)

★北京オリンピック★

開催都市中国・北京
スタジアム北京国家体育場
収容人数91,000人
建設費4億2,300万米ドル(525億円)

北京国家体育場

北京国家体育場

北京国家体育場

北京国家体育場


第30回夏季五輪(2012年)

★ロンドンオリンピック★

開催都市イギリス・ロンドン
スタジアムロンドン・スタジアム
収容人数80,000人
建設費4億8600万英ポンド(633億円)

オリンピックスタジアム

オリンピックスタジアム

オリンピックスタジアム


第31回夏季五輪(2016年)

★リオデジャネイロオリンピック★

開催都市ブラジル・リオデジャネイロ
スタジアムエスタジオ・ド・マラカナン
収容人数74,738人
建設費550億円(改修後)

エスタジオ・ド・マラカナン

エスタジオ・ド・マラカナン

エスタジオ・ド・マラカナン


第32回夏季五輪(2021年)

★東京オリンピック★

開催都市日本・東京
スタジアム国立競技場
収容人数約68,000人(8万人規模の増設にも対応)
建設費1,569億円

2021年東京オリンピックスタジアム


東京五輪新国立競技場建設費が高い5つの理由

高騰する東京オリンピックのメインスタジアム。

新国立競技場の予算上限が1,550億円(実際は1,569億円)と決まった。当初の2,520億円と比べて約1,000億円の削減だ。

いや~やれば出来るじゃないか。組織委員会の諸君!

ってなるかー!!!

当たり前だ。

様々なサイトで取り上げられているので、ご存知の方も多いだろうが、上記の通り近年のオリンピックスタジアムは皆500億円前後で作られている。

酷暑の真夏開催にも関わらず、空調設備(100億円)まで削ってこの金額である。

では何故日本の新国立競技場は他のスタジアムに比べて、3倍~5倍も高いのだろうか?

消費増税や東日本大震災が全体的な建設費を押し上げたことは広く知られているが、そもそもの構造的な部分に焦点を当てて、原因を考察してみたい。

【過去と比べてなぜ高い?】東京五輪新国立競技場建設費が高い5つの理由
(修正を繰り返す前のザハ氏の東京五輪メイン会場デザイン原案)

地盤工事

最初に考えられるのが地盤工事に莫大な費用がかかる点だ。

現在の国立競技場一帯は以前河川だった為、地盤が極めて軟弱だ。その為、巨大な競技場建設にあたって、無数の巨大な杭が地中に埋め込まれた。

新国立競技場の建設では、この杭はを全て引き抜き、その後ゆるい地盤は全て取り除かれることが決まった。

100本程度と言われる巨大な杭は、引き抜いて処理するのに1本1億円程度かかるらしい!

杭1本1億円×100本=100億円!

こんなに単純で恐ろしい計算式は、そうそうお目にかかれるものではない。。。

更にゆるい地盤の土を全て取り除くのかかる費用は、およそ180億円と試算されている。

地盤工事だけで合計280億円。

果たしてそうまでして新しい国立競技場の建設が必要だったのか、と思わずにはいられない。

取り壊してしまった現時点では何を言っても後の祭りだが、だからこそもう少し慎重に協議を重ねるべきだった。

地下施設

軟弱な地盤を取り除くことについては先述の通りだが、競技場は地上に建設される。

よって地上の競技場の下に、取り除いた土の分だけ巨大な地下スペースが生まれる。

これがまた厄介な存在らしい。

というのも、折角出来た巨大なスペースを無駄にしてはならないと、様々な施設の建設が予定されている。 

地下とはいえそこは都心の一等地だ。  

金を積んだからと言って、おいそれと手に入る代物でもない。

駐車場などと共に、様々な組織や団体が関連施設を作ろうと躍起になっているらしい。

こうした設備建設に相当なコストがかかる見込みらしい。

遺産にしろ、新国立競技場の空きスペースにしろ、有れば有ったで、新たな問題を生む可能性をはらんでいるという訳だ。

耐震構造

【過去と比べてなぜ高い?】東京五輪新国立競技場建設費が高い5つの理由

世界トップレベルの地震大国日本。

近年では東日本大震災が東北を襲い、首都直下型地震はいつ起こっても不思議ではないとされる。

世界中から人が大勢の集まるオリンピックにおいて、8万人からの人が詰めかけるメインスタジアムに対する万全の耐震対策には、莫大な費用がかかることは想像に難くない。

建設業者

日本の建設業界は非常に閉鎖的だと言われる。

巨大な公共事業を請け負うスーパーゼネコンと言われる大手建設業者は鹿島、清水、大成、大林組、竹中工務店の5つ。

この半独占的な業界構造が価格の高騰を招くと言われるが、案の定白紙撤回される前の新国立競技場も、屋根が竹中工務店(950億円)、スタンドは大成建設(1,570億円)が請け負う予定だった。

言うまでもなく、異常に高い。

しかもデザインの段階では、デザイナーと施工業者のやり取りは一切ない。

コスト無視で選んだデザインを、いくらでも良いから作ってくれと、施工業者に渡せば、工費が急増するのは火を見るよりも明らかだ。

何か裏があるのではないかと、勘ぐらずにはいられない。

政治と金

【過去と比べてなぜ高い?】東京五輪新国立競技場建設費が高い5つの理由

先述したことにも繋がるのだが、建設業界と政治家の癒着に言及する人もいる。

政治とカネの流れに詳しい関係者は、『公共事業において、ハコ(建物)の建設費の5%が取り仕切った政治家に渡るのは、この世界の常識』とまで言い切る。

彼曰く、森元総理が莫大な工費を費やしてまで、年間10日程度しか使わないクラシック音楽コンサートの為の屋根を設置しようとしたのも、この為らしい。

詳しいことは分からないが、古今東西、洋の東西を問わず政治と金の結びつきは、根深いモノがあるというのが、一般市民の共通認識だろう。

あわせて読みたい‼

関連記事

夏季オリンピック開催地概要1896年アテネから始まった近代オリンピック。歴代の夏季オリンピック概要と、エンブレム(ロゴ)のまとめ。第1回夏季五輪(1896年)★アテネオリンピック★開[…]

【夏季五輪の歴史】歴代夏季オリンピック大会まとめ(概要/開催地/参加国/公式エンブレム/ロゴマーク)
関連記事

オリンピックの歴史冬期オリンピックのメインスタジアム。スキー場やスケートリンクに少し手を加えてメイン会場とされることも多く、夏季オリンピックに比べると特徴的なデザインが無い大会も珍しくないが、中には夏季五輪顔負けのスタジア[…]

【冬季五輪の歴史】《歴代冬季オリンピック》メインスタジアムまとめ(名称/収容人数/外観写真/建設総工費用)
関連記事

オリンピックの歴史1924年シャモニー・モンブランから始まった近代オリンピック。歴代の夏季オリンピック概要と、エンブレム(ロゴ)のまとめ。第1回冬季五輪(1924年)★シャモニー・モンブランオリンピ[…]

【冬季五輪の歴史】歴代冬季オリンピック大会まとめ(概要/開催地/参加国/公式エンブレム/ロゴマーク)
関連記事

歴代かっこ悪い!五輪公式ロゴランキングコロナウイルスの影響で延期となった2020年東京オリンピック。競技場のデザイン問題にエンブレム(ロゴ)デザイン問題と、いろいろあったのに、最後は開催まで延期されたことは記憶に新しい。[…]

【オリンピックエンブレム】《五輪ロゴ》歴代ダサい!?イケてない!?シンボルマークランキング

葬儀屋ブログ
葬儀社のご案内

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG