【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】
MONTH

2016年12月

  • 2016年12月16日

【葬式泥棒・忌中(喪中)被害】香典泥棒に合わないための対策とは?

みんなのお葬式体験談 葬儀にはお香典という、大きな額のお金が集まりますが、それを狙って良からぬ人間もやってきます。 ただでさえ慌ただしく、人の出入りも激しいため、お金の管理には十分注意が必要です。 とんでもない会葬者の話 伯母が亡くなっ時の話です。 私は弔問客に対しての記帳案内、香典の受け取りを担当 […]

  • 2016年12月15日

自らの学び舎から飛び降り自殺した学生と、最期まで消せなかった自死遺族の心の闇

自死遺族の叫び もう何年も前の話である。 ひとつ若い命の灯火が、自らの手によって静かに消えて行った。 自身が籍を置く学び舎から身を投げたのは、まだ十代の若者だった。 詳しいとこは書けないが、高校を卒業し、東京の実家を離れて、ひとり海外の大学に留学していた中での惨事だった。 留学先から羽田行きの貨物機 […]

  • 2016年12月14日

【後から後悔しないために…】一見の価値有り!葬儀を執り行うことの意味と意義

みんなのお葬式体験談 この投稿は最後までお読みいただいて損はありません!是非最後までお読みください! 葬儀屋にとって最も嬉しいことは、遺族が「良い葬儀だった」と心から思ってくれること以外にはありません。 『良い葬儀』とは、心からの送り出しができた、生きている人間の為にもやってよかった、葬儀屋の人間も […]

  • 2016年12月12日

【目には目を歯には歯を】誤解されやすい『イスラム法』と『ハンムラビ法典』の本当の意味

ハンムラビ法典・北風と太陽 過去の文献や寓話には本当の意味が歪曲され、間違った解釈や理解をされているものが、数多く存在知る。 今回は二つの文献と物語を取り上げてみたい。 ハンムラビ法典 「目には目を」で男に失明刑執行 4歳児の視力奪った罪で 11月9日イランで8日、4歳の少女の顔に石灰をかけて視力を […]

  • 2016年12月10日

欅坂46の【世界には愛しかない】は、浄土についての歌だった!?

先日、第47回の紅白歌合戦出場メンバーが発表になった。 和田アキ子などの大物演歌歌手が落選する一方、デビュー1年の欅坂46が初出場を獲得。凋落著しいAKBグループを尻目に、姉妹グループの乃木坂46と共に、改めて坂グループの勢いを示した。 ところで欅坂46といえばデビュー曲【サイレントマジョリティー】 […]

  • 2016年12月9日

【人の死で飯を食う商売】名も無き葬儀屋の小さなプライド・・・

良い・悪いは別として実に的を得た、ごもっともな表現だ。 しかし、つくづく葬儀屋というのは因果な商売だ。 必要とされるのは、決まってひとりの人間の人生が幕を閉じた時と相場が決まっている。 そこには遺された大勢の遺族、親族、知人、友人、同僚達がいる。 その輪の中心に、我々は神妙な面持ちで歩みを進める。 […]

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG