【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】
CATEGORY

政治/社会/文化/歴史

  • 2022年6月26日

【飛行機事故】航空機墜落事故に遭う確率/可能性と、ニュースで耳にする『乗客に日本人はいません』に隠された深い意味

旅客機墜落事故の可能性 墜落すれば一巻の終わり・・・ だからこそ誰もが気になる、飛行機事故に遭う確率を考える。 極めて低い墜落の確率 飛行機事故で命を落とす確率は、自動車事故で命を落とす確率に比べて、はるかに低いことは広く知られている。 しかしながら一度に亡くなる人間の数と、助かる確率が極めて低いこ […]

  • 2020年9月29日

【9月29日は『招き猫』の日】招き猫の選び方&飾り方(置き方)、間違っていませんか?

招き猫の種類と正しい選び方/飾り方 9月29日は何の日かご存じですか? 9(来る)29(福)の語呂合わせで、『招き猫の日』とされています。 商売繁盛や人を招くということから、縁起が良いとされ、開店祝いのプレゼントとしても人気の招き猫。 また、お土産物としても人気の高い招き猫なので、ご家庭用に購入され […]

  • 2017年2月28日

【鉄オタ】最近の鉄道会社社員は鉄道マニア(ヲタク)ではなくなりつつあるのか?

一昔前の鉄道会社社員といえば、鉄道マニア、いわゆる「鉄オタ」だった。。。(主観です。御免なさいm(_ _)m) 葬儀の仕事をするようになって、商社やIT企業に勤めていた時ほど電車を使う機会は少なくなった。 しかし、最近電車に乗っていて、とみに思うことがある。 近頃の駅員には、自分よりも下の若い世代も […]

  • 2017年1月4日

【伝統行事がピンチ!】『葬儀を通報』『除夜の鐘に「うるさい」とクレーム』『餅つきは食中毒心配』

心のゆとりを無くした日本人 年の瀬・・・ 大晦日の夜に人間の煩悩を消すべく「ゴーン!」という鐘の音が聞こえると、(あぁ、今年も終わりか~)と何とも言えない感慨深い思いに浸り、新年はつきたての餅のえも言われぬ美味しさに舌づつみを打つ。 しかしここ数年、そんな除夜の鐘や餅つきが存亡の危機を迎えているらし […]

  • 2016年7月19日

【ル・コルビュジエの大作】『上野国立西洋美術館』なぜ世界遺産に登録されたのか?

世界遺産登録はなぜ日本人にすんなり受け入れられなかったのか? 東京上野にある西洋美術館が7カ国にまたがる17の【ル・コルビュジエの建築作】(フランス、スイス、ドイツ、ベルギー、インド、アルゼンチン、日本)のひとつとして世界遺産に登録された。 美術館が好きで、ちょくちょく訪れる場所だ。先月もカラバッジ […]

  • 2016年6月15日

【心温まる子育てマナーの話】『ならぬことはならぬものです』

感動する話 地下鉄の中での出来事。 椅子に座ってうとうとしていると、近くで小学校低学年くらいの男の子が、車内のつり革にぶら下がって、遊び始めた。 子供の母親は、人生の半分はネイルに費やしてるんじゃないかと思われる、ド派手なキャバ嬢みたいな格好のギャルママ。 迷惑そうに子供に目を向ける他の乗客達も、ギ […]

  • 2016年6月13日

【光と影の天才画家カラヴァッジョ】バロック絵画を生み出した男の生涯と作品の特徴(カラヴァッジョ展)

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ 本名『ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ』 (カタカナでは『カラバッジョ』と表記されることもある) 盛栄を誇ったルネサンス以降、難解で寓意に満ちたマニエリスムの時代を経て、描きたいものだけをシンプルにキャンバスに配置し、聖書や神話の世界を現実的 […]

  • 2016年6月9日

日本最大の広域暴力団組織は山口組でも稲川会でも住吉会ない!?

【日本のヤクザランキングの頂点】 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(通称【暴対法】)や暴力団排除条例 通称【暴排条例】が整備されてからというもの、暴力団や反社会勢力との付き合いは、増々社会から厳しい目を向けられるようになった。 御多分に漏れず葬儀業界もこうした動きに敏感になっており、こう […]

  • 2016年5月24日

【障害者支援施設『ねむの木学園のこどもたちとまり子』美術展】(東京銀座画廊・美術館)

ねむの木学園とは女優の宮城まり子さんが、静岡県掛川市に私財を投じて作った障害者施設で、現在75名が生活している。 絵画制作を中とした幅広い芸術活動を通して、世の中に彼らの生きている証を発信しており、日本はもとより海外でも精力的に美術展を開催し、高い評価を得ている。 そんな展覧会が開催されているとのこ […]

  • 2016年2月16日

【少年犯罪者と少年法】少年法って何?成人と未成年の犯罪者はどう違う?

徹底解説!少年法 刑罰の軽さと実名報道についての議論が白熱する未成年の凶悪犯罪。 最近で未成年による殺人なども珍しくはなくなったが、見直される日本の殺人罪における未成年(少年)の刑事訴訟と刑罰。 日本において少年の保護・厚生に重きを置いた「少年法」に守られた少年に対する判決は、成人のそれと比べてどう […]

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG