【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】
CATEGORY

雑記

  • 2017年1月9日

【蘇る伝説】『キャンディキャンディ』イラスト集 PART 2(なかよしデラックスアルバム)

以前古本の買取りをさせていただいた東日本在住の方から、再度買取り依頼メールをいただきました! 当店の本に対する熱い思いが伝わた!!! かどうかは分かりませんが、いずれにしても何かしら評価していただけているから、再度ご連絡をいただけるというもの。素直に嬉しいものですねo(*^▽^*)oエヘヘ!

  • 2017年1月4日

【伝統行事がピンチ!】『葬儀を通報』『除夜の鐘に「うるさい」とクレーム』『餅つきは食中毒心配』

心のゆとりを無くした日本人 年の瀬・・・ 大晦日の夜に人間の煩悩を消すべく「ゴーン!」という鐘の音が聞こえると、(あぁ、今年も終わりか~)と何とも言えない感慨深い思いに浸り、新年はつきたての餅のえも言われぬ美味しさに舌づつみを打つ。 しかしここ数年、そんな除夜の鐘や餅つきが存亡の危機を迎えているらし […]

  • 2016年12月9日

【人の死で飯を食う商売】名も無き葬儀屋の小さなプライド・・・

良い・悪いは別として実に的を得た、ごもっともな表現だ。 しかし、つくづく葬儀屋というのは因果な商売だ。 必要とされるのは、決まってひとりの人間の人生が幕を閉じた時と相場が決まっている。 そこには遺された大勢の遺族、親族、知人、友人、同僚達がいる。 その輪の中心に、我々は神妙な面持ちで歩みを進める。 […]

  • 2016年11月15日

【大手葬儀社の葬儀にイラッ!】金看板と若さゆえの勘違いが生む悲劇

ちょっとした縁で、同じ地域に勤める日本でも、有数の大手葬儀屋の社員と知り合いになった。 ちなみに私の勤める葬儀屋は古くから続く、地元ではちょっとは名の知れた老舗で、「政治家、財界人、地元の名士の葬儀はここ」と、言われる葬儀屋だ。 しかし、しょせんはローカル企業。大手葬儀屋に比べれば、規模は月とスッポ […]

  • 2016年10月30日

【薨去・逝去・死去】皇族の『死』はどう表現されるの?

三笠宮寛仁殿下の死 三笠宮寛仁さまが100歳で薨去された。 一方各メディアの報道を比較し、正しい報道がなされているかについて熱い議論が繰り広げられている。 各メディアの報道は薨去・逝去・死去などの二字熟語から、「天寿を全う」など様々だが、今回は二字熟語に絞ってそれぞれのメディアの第一報をまとめてみた […]

  • 2016年8月29日

究極のダイエット方法

本日は趣味はダイエットとおっしゃる方のお宅へ 古本の買取りに行って参りました。 流石に自称「ダイエット帝国のしもべ」を名乗られることはありますね~ 様々なダイエット本が所狭しと積まれていますが、中でも「バイブル」はこちら。  『食品別糖質量』

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG