【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】
CATEGORY

自死(自殺)/自死遺族

  • 2022年5月18日

【自死(自殺)遺族からの手紙】子どもの自殺を経験して今思うこと、感じること

子どもを自殺で亡くしました。 今思えば小さい頃から親の価値観を押し付けてきたことが多く、本人が何をしたいかというよりも、親がこうして欲しいという流れで人生を生きていたと思います。 親としては、それが本人の幸せにつながると思ってはいましたが、今になれば、親の浅知恵を押し付けてしまったことが、本人をどれ […]

  • 2022年5月15日

【自死(自殺)遺族からの手紙】自らの手で死を選んだ母は成仏できたのだろうか…

地方に住む母親は優しくて、私たち子供をとても愛してくれていました。彼女が縊死(首つり自殺)で亡くなったことは、いまだに慚愧(心から恥ずかしい)の念にたえません。 最近は、人間一人ひとりの生き方は全て自分でシナリオを決めて生きるということを知り、私の母もきっと自分でそこで死ぬことを決めてきて、亡くなっ […]

  • 2022年5月13日

【自死(自殺)遺族からの手紙】酒癖が悪く、大嫌いだった父の自死

25年前の3月初旬の日、年子の兄は中学校の卒業、高校受験を控え慌ただしかった時期でした。 私は、反抗期の最中で父とは話す事は少なく、心の中では大嫌いでした。父は毎日、お酒を飲み機嫌が悪くなると手が付けられなくなり、母が苦労しているのを見ているからです。 他界する半年前、父は目が見えなくなり、病気にな […]

  • 2022年5月12日

【自死(自殺)関係者からの手紙】《大好きだった彼》どうして彼のメールを無視してしまったんだろう…

自死関係者からのメッセージ 自死(自殺)は自殺者数の何倍もの自死遺族を生む。 自分自身は死んでしまえばそれで終わりかも知れないが、残された自死遺族の苦しみは、時間が解決してくれることはない。 死ぬまで続くことになるのだ。 彼との出会いは大学でした。 全然違うところで生まれ育って、年齢も性格も趣味も何 […]

  • 2020年10月6日

【竹内結子さんが自殺した日…】私はある名も無き死人と対峙していた

女優の竹内結子さんが亡くなった。 自宅のクローゼットで首をつっているところを家族によって発見された。自殺と見られている。 私が初めてそのニュースをを知ったのは、式場に向かう車の中だった。 恐らく日本中の国民みんながそうであろうが、同僚からのメールに、目を疑わずにはいられなかった。 竹内結子さんといえ […]

  • 2020年9月17日

【納棺師の裏話】《観覧注意》電車飛び込み人身事故で首や手足がバラバラに飛んでしまった遺体の修復作業

映画『おくりびと』ですっかり注目を浴びた納棺師。 しかし、現実は映画の様に素晴らし世界だけとは限りません。 どんな世界にも華やかな表向き(光)の世界と、怨霊渦巻く闇(裏)の世界があります。 納棺師のもとに届いた驚愕の依頼!あなたはこの現実に耐えられますか!? プロローグ 数ある自殺の中でも、遺体の損 […]

  • 2020年8月1日

【自死(自殺)遺族からの手紙】《果てない後悔と憎悪》殺人犯扱い!?夫を自死で失った女性の見た地獄

自分の大切な家族がある日突然自らその命を絶つ。 『自死遺族』と言う存在は、自分とは関係ない、遠い存在だろうか? 大半の人間にとって、答えは『YES』だろう。 しかし、年間3万人の人間が自死によりこの世を去る日本において、誰もが自死遺族になる可能性は十分にある。 『私の旦那は、自殺したんです。首吊りで […]

  • 2019年12月19日

【自死(自殺)遺族からの手紙】《弟へ。気づけなくてごめんね…》遺族の自責と後悔のメッセージ

自死(自殺)遺族から寄せられた、メッセージをご紹介いたします。 どのメッセージにも、綴られていたのは、激しい後悔の念。 遺された者たちの心の叫びをお聞きいただき、少しでも自ら命を絶つ人間がいなくなることを祈ってやまない。 消せないトラウマ 父が遺書を家に置いて、携帯電話も持たずに失踪しました。 家族 […]

  • 2019年11月28日

【自死(自殺)遺族からの手紙】自死が遺した大きなトラウマとその後の人生

【>自死を選んだ父親とその後の私】 私が中学生の時、私の父は橋から飛び降りて死にました。三十代の若さでした。 部活中母親から学校へ連絡があり、家へ向かう車の中でその事実を知りました。その時は何で⁉︎と受け入れられず、泣く母親の手を握ることしか出来ませんでした。 前日の夜、母親から […]

  • 2019年11月18日

【自死(自殺)遺族からの手紙】遺されたのは激しい後悔と自責の念…

自死遺族らから寄せられた心の叫びと、募る後悔の念をお聞きください。 母の死を受け入れられなかった父 私の父が自死を選びました。50代でした。 母はその数年前に突然の病でこの世を去りました。母のことが大好きだった父。 落ち込んでいるのは見ていてわかっていました。後から知ったのですが、母の死後からずっと […]

格安で上質なお葬式 - 貴方のための葬儀社

CTR IMG